精密機械は軽貨物として物流|ネット社会で賢く生きる方法

高い輸送能力

ダンボール

精密機器の輸送について

あなたの会社で、精密機器を運ぶことになったら、輸送業者はどのように選びますか。医療機器や、光学機器、測定機器といった精密機器は、輸送時の揺れや衝撃、温度や湿度の変化によって、取り返しのつかない破損を受ける可能性があります。精密機器は大抵高額となるもの。破損によるリスクを少しでも減らすため、輸送業者は適切に選ぶ必要があります。そのための選び方のコツとしては、次のことが挙げられます。まず、輸送のための高い能力を持った職員が対応できるかどうか、といったことです。中には、しっかりと責任を持った輸送は期待できない業者もいます。しっかりとした社員教育を受け、高い専門性を持った社員がきちんと対応してくれるのか、確認した方が良いでしょう。

万一の補償や、使用する機材も確認が必要です

もう一つは、万一の破損などの際、補償がしっかりされるかということです。輸送業者が保険に入っている場合でも、特殊な機器の場合など、保険の適用外となる場合も考えられます。業者の加入している賠償責任保険がきちんと適用されるのか、事前に確認する必要があります。また、実際に輸送するトラックなどの機材が、精密機器に対応しているかも、確認した方が良いでしょう。精密機器を運ぶのに適したトラックは、エアサス車と呼ばれる貨物への衝撃が少ない車両が望ましいと言えます。そのほか、温度や湿度に弱い機器、静電気に弱い機器などは、空調機能を持った車両が必要となりますし、静電気を防ぐ梱包資機材や、帯電しない作業服での作業する必要があります。以上が、業者選びのチェックポイントです。精密機器の輸送時には、参考にしてみてください。