精密機械は軽貨物として物流|ネット社会で賢く生きる方法

厳重な梱包

笑顔の男性

当社の精密機器の輸送について。

私が勤めています会社は大手電機メーカーの精密機器の輸送を行っています。精密機器には段ボール箱で梱包出来ます小さな物から、段ボール箱では梱包出来ないクレーンなどを使って積み込みを行う重量物もあります。この重量物の精密機器には大きいもので幅が役1.5メートル、高さが約2メートル、奥行が0.5メートルで重量が約1.5トン近いものがあります。そしてこの大きな精密機器を輸送する方法は、まず精密機器に専用のポリ袋を上から被せます。そしてポリひもを使ってポリ袋が外れないように縛り、次にクレーンを使いトラックの荷台まで移動させ積み込みます。トラックの荷台に積み込まれました精密機器はロープを使って荷台に固定します。

トラックへの積み込み方法について。

ロープで精密機器を固定する時は、ロープが精密機器に直接当たる部分には必ず毛布を当て精密機器に傷が付かないように保護します。そして最後にトラックの荷台にシートを掛け積み込み終了となり、顧客へ輸送されます。このトラックへの積み込みで注意する点としては、バランスを考えました積み込みを行わなければなりませんので、精密機器はトラックの運転席すぐ後ろ部分の荷台の中央部分に積み込むことが大切となります。この運転席すぐ後ろ部分の荷台の中央部分に積み込むことで荷物のバランスが良くなりますので、安心した輸送を行うことが出来ます。このようにして当社では大きな重量物などの輸送を、安全かつ確実な積み込み方法で輸送を行っています。